台風一過

台風も過ぎ去りました。

なので今日はフェーン現象によって猛暑でしたよ。

と言うか宮城は特に大雨降った訳でも無いので、無駄に暑い日を設けられた感が否めません。

それでも天気が悪くて家に篭っているよりはマシなので特別に許してやろうと思います。

明後日から仕事も始まるので、少しでも運動して体力付けたいですね。

ゲーム色々

現在プリコネが1.5周年記念で毎日無料10連やっているので友人達の間で盛り上がっております。

自分は以前から欲しかったノゾミがこのタイミングで出たので感無量です。

ノゾミはプリコネ始めた時にタンク役で真っ先に手に入れるべきだとワッツから教わったキャラでした。

ガチャで引かなくてもダンジョンコイン集めれば入手は可能だとも聞いていたので、10連分ジュエル貯まったらガチャで狙って、同時にダンジョンでコインも毎日手にれるように頑張るという二段構えで臨んでいたんですが、タンク役でもっと優秀なジュンがチケットであっさり手に入ってしまったので結局「手に入ればラッキー」程度に考えるようになってしまいました。

ただコイン集めは継続していたのでノゾミ入手時には既に開放できる数のメモリーピースが貯まっていまして、それ使って加入と同時に☆4まで上げて専用装備も付けてやりましたよ。

コインが貯まったからって不用意に解放せず、手に入った時に引き換えたメモリーピース使って一気にパワーアップさせてやるというのも戦法なんですね。

まぁ、これも全部ワッツから教えてもらった事なので自分で考えたわけじゃないですけど。

ちなみに並行してプリンセスアリーナでもモニカのコインを貯めていたんですが、こっちの方が先にメモリーピースが開放可能な数に達したんですよ。

こいつも同じくガチャで手に入ったら一気に強化してやろうと目論んでいたんですけど、貯まった途端にチュートリアルが入って強制的に解放させられてしまいました。

本命のノゾミでこの事故が起こらなかったのは不幸中の幸いではありますが、開放するかどうかはプレイヤーの手に委ねて欲しかったですね。

あと最近のガチャで水着マホ、キョウカ、水着マコト、水着サレンも入手できました。

マコトに関しては前のイベントの時に入手したんですが、物理攻撃キャラは既に飽和状態だったので更に増えても持て余すばかりで正直あんまり使っていません。

アリーナとかで使ってみようとか思ってたんですけど、そっちでは水着サレンと組ませた水着ペコリーヌが安定しているので出番無いですしね。

まぁ、手駒は幾らあっても嬉しいので、いつかプレイヤーレベルが上がったら使う機会も出てくるんでしょうな。

逆に水着マホとキョウカは念願の魔法攻撃キャラになります。

今までどんな頑張っても物理キャラしか仲間になってくれなかったので、物理防御が強い敵が出てきて積んでしまっても魔法使える奴が居ないのでレベル上げて物理でゴリ押しするという突破の仕方ばかりしてきました。

なのでこの辺鍛えたらもっとスマートな攻略が出来そうで期待してます。

無料10連期間中に他の未入手キャラも手に入ってくれると嬉しいですね。

 

他にはアズレンもやっていますが、こっちは逆に昨日イベントが終わっちゃって祭りの後の静けさを感じております。

これからはしばらく手に入ったキャラの育成が主な作業になるかなーと考えていたんですが、ふとフレッチャー級のラドフォードがまだ未入手だったのを思い出して9-2行ってみたんですよ。

そしたら一発で出ちゃいました。

これで実装済みのフレッチャー級は全部手に入れた事になります。

けどフレッチャー級が揃う度に艦これでフレッチャー手に入らなかったのが悔やまれるなぁ…。

仕方ないのでラドフォード育てながらあっちでもフレッチャーが手に入る事を夢見続けたいと思います。

 

という訳でゲーム色々な近況報告で御座いました。

今後も暇を見てコツコツ遊んで行きたいと思います。

お遊び

今日は友人集まってドライブしてきました。

と言うか県北部のワークマン巡りをしてきたと言った方が良いのかもしれません。

ここ最近はワークマンで普段着を揃える事が多くなってきたので、その辺の充実を図ろうとした感じですね。

迫町店ではフルジップの長袖シャツを安価で手に入れる事が出来ましたし、石巻蛇田店ではコーデュラカーゴパンツを半額で手に出来たので大満足です。

本当に楽しかったわ…。

まだ気仙沼店とか古川店には行っていないので、その辺は後々の楽しみにしときましょう。

明日は戦利品着て過ごしたいと思います。

今日のサントラ

今回はここ最近聴いたCDを幾つかご紹介したいと思います。

まずは「スクールガールストライカーズ」のサントラです。

 お値段は中古で750円でした。

これは一昔前にアニメ化とかもされていたスクエニのアプリゲーのサントラになります。

C Mとかもバンバンやっていたのでスクエニ的にかなり力入れてるゲームなんだろうなぁと思ってましたけど、たまたま深夜にやっていたアニメを見ても正直面白くも何とも無かったので1話で切った思い出があります。

で、すっかり忘れ去られた頃に古本屋で同人CD以下の値段でこのサントラ見つけたんで聴いてみました。

まぁ、アニメ同様こっちも可も無く不可も無くって感じですか。

でも所々光るものはありました。

「第七の新星」とか「メモカ・イン・パトリ!」とかはなかなかの拾い物だと思いましたね。


Schoolgirl Strikers Original Soundtrack - 20 第七の新星


Schoolgirl Strikers Original Soundtrack - 21 メモカ・イン・パトリ! フルバージョン

ちなみに後でAmazonで中古の値段見たら古本屋で買うよりも安かったので、相当在庫あるのか売れずに残っているんだろうなと思ってしまいました。

何でもカワイイだけじゃダメなんだなぁと色々考えさせられた1枚でしたね。

 

お次は「SINoALICE -シノアリス-」のサントラです。

SINoALICE -シノアリス- Original Soundtrack
 

 お値段は古本屋で1750円だったんですが、15%オフのセールやっていたので1488円で買えました。

このゲームは「ドラッグオンドラグーン」や「ニーア」を手掛けたヨコオタロウ氏のスマホアプリゲーのサントラになります。

サービス開始直後は登録が殺到してまともにゲームを遊べたもんじゃないような状況で色々と話題になりましたが、今は2周年記念でお金にかけた変なダジャレプレゼント企画をやったり、ガチャをやる為の石を配りすぎたから回収して手持ちの石がマイナスになってしまうプレイヤーも現れたりと別の方向で話題を生み出し続けています。

音楽もヨコオ作品に多く携わっている岡部啓一さんがメインコンポーザーなので個人的に前から気になっていた一品なんですが、ぶっちゃけて言うと1曲辺りの長さが結構短いです

言い換えるとボリューム不足ですね。

スマホゲーって時間がない人がサクッと遊べるようにデザインされているので、それに伴って音楽も1曲が短く作られる傾向にあります。

なのでこのシノアリスも2分前後の曲が多めの構成になってます。

もちろん中には6分を超える大作もあったりするので一概にボリュームが無いとは言えないんですが、自分が惜しいと思っている最大の要点は琴線に触れた現実編の曲がどれも1分少々の流さばかりだった事なんですよ。

妄想編の曲はニーアに近い荘厳な曲調が多いんですが、現実編は打って変わってピアノやアコギやエレキギターなどを使った物が多くあります。

この対比があるお陰で現実編の曲はとても新鮮に感じるんです。

なのでこれ等の曲がもっと長く聴けなかった事が残念でなりません。

「妄想の末路」とか「破壊の末路」は本当に良い曲なのになぁ…。


SINoALICE- OST「妄想の末路」


SINoALICE- OST 「破壊の末路」

そんなわけで惜しいと感じたサントラでしたね。

ちなみにゲームの方はオレも事前登録してたんですが、前述したサーバーダウンのお陰でまともに遊べなかったので辞めました。

本当に色々と惜しいですね。

 

最後は「ドールズフロントライン」のサントラです。

 お値段はAmazonの定価で3564円でした。

ドルフロは所謂艦これ系の製造システムを持つ兵器擬人化ゲームです。

銃の名を持つ戦術人形を製造して、暴走状態になった鉄血工業製造会社の自動兵器と戦っていくという内容なんですが、自分もこっそりこのゲームは遊んでいました。

詰将棋のような頭を使うシステムやSDキャラの動きの細かさとかが気に入っていたんですが、何度建造してもスオミが出なかったので一旦引退しておりました。

けどゲームが1周年を迎えてサントラが発売される事になり、改めて音楽を聴いてみたらこれがなかなか良かったので最近復帰も果たしてしまいましたよ。

どうも耳なじみが良いインダストリアルテクノだなぁと思っていたんですが、作った人達の名前を見て納得しました。

これって艦これの同人アレンジも手掛けていたVanguard Soundがコンポーザーだったんですね。

自分も「Choir of Destruction」とWarship's End - 鋼鉄の行く末」は持ってて聴いていたので馴染みがあったんですね。


【C88】真面目なウォーゲームみたいに艦これのBGMをアレンジしてみた·改

先ほども申し上げた通りスマホゲーの音楽なのでやっぱ曲はどれも2分程度の尺で作られているんですが、ドルフロの曲はその短さを感じさせないほど中身が詰まっています。

映画でもそうなんですが、何でも濃密に丁寧に作られた作品は時間を超えた満足度を提供してくれるんでしょうね。

何処かで解っていたつもりなんですが、それをゲームのサントラで実感させてくれたのには初めてだったのでカルチャーショックが大きかったです。

「音楽は3分以上の長さあるのが理想」というオレの持論を覆して見せるとはVanguard Sound、恐ろしい子…。

ちなみに自分のお気に入りはボス戦マップ曲の「Made in Heaven」です。

こういう曲本当に大好きです。

これが自分を復帰させてくれた音楽だと言っても過言では無いでしょうね。

まぁ、復帰してもまだスオミ出ないけどさ。

いつかお目に掛かりたいものですな。

 

という訳で今回はスマホゲーのサントラを3枚ご紹介しました。

また何か面白いCDがあったらご紹介したいと思います。

線香の円舞曲

線香付けが終わりました。

今日は早めに回ってさっさと終わらせてきました。

お陰で今年はそれほど負担は多く無かった気がします。

これで一先ずは肩の荷が降りたので、今日は枕を高くして寝たいと思います。